ふるさと寄附金。現状は1日10万円。7月21日からだと12月31日まで
164日。現状のまま推移すると1640万円。10月にクレジット導入で
ブースター1個装着予定。公募職員のアイデア導入で2個目の
ブースター、専属のグループをささやかながら設置していただければ
3個目のブースター。これで一気に年末商戦へ打って出ましょう。…
それでもイライラ感が増す、私です。
1本目の電信柱への私の目標値、 4億円はまだ遠い。

 債権管理課の目標値が2億円。
こちらの目標値の4億円から考えると、たぶん今年度は
市外へ出て行くふるさと納税は2億円以上ではないかと推測しています。

そうすると4億円の半分がざっと見積もってお返しや経費で
消えていきますから、2億円が収入となりますが、その
2億円も市外へ出て行くふるさと寄附金が2億円と見積もれば
0になるのです。ざっと8億円のふるさと寄附金収入でやっと
債権管理課と肩を並べられると思っています。
 これは数字だけの問題で、その間に職員の意識改革が伴い
ます。さらに、そのはてには昇進や昇給制度改革なども
考えられなくてはならないと思っています。

 以上のような考え方から言うと、すでに私の胸に赤ランプが点滅しているのです。