参議院選挙が終わり、私が推薦した候補者二人が共に敗退したので、
そのショックからすぐには立ち直れないでいました。党の合併後に
四人が定数の神奈川県で二人の候補者を出すというので民進党の二人とも
敗退するとの危機感があり、なんとか民進党で一人はとらないと
笑われるので、それだけは避けたいとの思いで頑張ってきました。
予想に反してというと語弊がありますが、ニュースキャスターの
真山さんが言論界の言論自粛に対する危機感を反映して3位で滑り込みました。
でも、神奈川県では野党共闘しても政権政党に1勝3敗でしたから
痛い成績でした。
四区の中では神奈川県全体の傾向とは異なり、いくつかの特徴が見られました。
敗因の分析と今後の課題を整理しながら、来たるべき衆議院選に備えなければ
ならないと思っています。