25都道府県/全国47都道府県から「ふるさと寄附金」制度を利用しての申し込みが7月21日~8月24日午前中まで149件ありました。
東京都が49件、171万円、本市を除く神奈川県内が27件、58万5千円、愛知県が14件、49万円、埼玉県が6件、32万円、兵庫県5件、23万円、
本市が5件、25万円などが寄付額の上位4都県、1市の状況です。お礼の品の価格帯を小刻みに切って
いると、それに合わせての寄付があるようです。寄附金の使い道については鎌倉の「歴史環境」への
寄付が48件で使途指定なしの30件を抜いてダントツでした。

鎌倉市は市外からはそのように見られているとアンケートに応えていただいているようでもありました。
その他に、緑や子育てすが 上位4番までの寄付の使い道指定でした。新制度発足からの35日間の寄付総額は454万8千円でした。
下の日本地図の赤い印の所に在住の市民の方から寄付をいただいていました。

なお、寄付の価格帯 1万円以上~2万円未満 59件、約40%
2万円以上寄付~3万円未満 42件、約28%
3万円以上寄付~4万円未満 14件、約9%
現在時点の1件による最高寄付額は30万円。

残りの寄付出来る今年度の日にちは約130日、この調子では行政自身が立てた
目標値1億円には遠く及びません。もう勝負をかけないと間に合わない時期です。
勿論、私が立てた本年度の目標値2億円はどうなるのか。怒りのマークを出したいところです。