鎌倉市のふるさと寄附金制度が今月21日から始まりました。
昨年から要望していた施策展開でやっと開始されたと思っていますが、
鎌倉ならではのサービスの展開がきわめて弱い、更に第一次産業に対するてこ入れが弱いなど
まだまだの様相です。
ただ、最初から市内在住の市民の方が3万円から寄付出来るようにした施策は評価できます。
施策展開も職員の皆さんが、まちを歩いていろいろな試しなど自分の頭と足と口で稼ぐようにすれば、
なお、制度充実が出来ると思います。
クレジットでの申し込みは秋口にやる予定と言うが、制度の開始の最初にないのが残念です。
写真など計画当初から見ると改善されたと思いますが、まだまだ改善する必要があると考えます。
クラウドファンディングを使った具体的施策の展開も考えられます。すでに他市では導入しています。
事務量が増えてくる関係から独立したセクションなど今から考えておく必要があります。
この事業は市税外収入を積極的に得るという事業ですから、力を入れる必要性があります。
楽をすれば充実した事業展開など望むべくもない。この事業、金があるから使えという事業ではないのだ。

鎌倉市の「ふるさと寄附金」制度(ふるさとチョイスへリンク)
鎌倉市の「ふるさと寄附金」(鎌倉市HPへ)