鎌倉市職員の「わたり」を廃止すると職員給与と共済費を含めて134人分は年間で2621万6588円分
(共済費425万6769円を含む)の節約となります。但し、ここには超過勤務手当分の按分差額が入っていません。
従って「わたり」を是正すればより正確には約2600万円を最低限として、それ以上の年間節約となります。
もともと、この分については総務省の指摘を無視して是正しなかった鎌倉市当局ですから
損失を鎌倉市民に毎年毎年与えていたとも考えられます。

国県準拠の給与体系への見直しは急務です。
▼「わたり」該当者のわたりを是正したとすれば次のようになる年間給与額の表 (単位:円)