監査委員の職務権限は地方自治法第199条に
規定があり、同条10項で 「意見を提出することが出来る」とある。
毎年9月議会の決算等審査特別委員会
前に議会議員に配布されている「鎌倉市
各会計決算等審査意見書」には意見が付されている。
審査の結果に対して監査委員が提言など改善点について
意見を付しているが、現行はその改善提言に対して
追跡の結果報告が翌年の「意見書」にない。
国の機関の会計検査院は、「不当事項に係る是正措置の
状況」及び「処置済事項に係る処置の履行状況」に
ついての検査の結果を平成19年度以降の決算検査報告
に掲記しています」と述べ、事務の合理化を積極的に
進めるとともに情報公開をしている。

私は鎌倉市も率先して国を見習い、このような
動きをし、以て事務等の合理化、情報の公開をすべき
と考えます。
他市に例が見当たらないという消極的な動きではなく、
良いことは率先垂範して行うべきだと強く思っています。

次に参考までに会計検査院が行っているページに
クリックすれば飛べるようにしていますので、
緑字をクリックいただければ幸いです。