大石副議長(公明党鎌倉市議団)の副議長を辞めない常識を疑う。
鎌倉市議会の信頼性をこれ以上傷つけるな。即刻、副議長を辞めるべし。
普通自動車学校に行くより高い金額。
▼神奈川新聞社会面26面 2013年12月10日

人身事故の鎌倉市議

 罰金40万円

    簡裁が略式命令

鎌倉区検は9日までに、自動車運転過失傷害の罪
で、鎌倉市議会の大石和久副議長(53)を略式起訴し
た。鎌倉簡裁は罰金40万円の略式命令を出した。命令
は5日付。
起訴状などによると、大石副議長は9月17日、鎌倉
市内の交差点で乗用車を運転し、清掃車と衝突、作業
員に2週間のけがを負わせた、とされる。
大石副議長は公明党市議団に所属し、4期目。

(報道部)

▼朝日新聞湘南版29面 2013年12月10日

鎌倉市副議長に

罰金の略式命令

    交通事故で簡裁

鎌倉区検は9日までに、9月に鎌倉市内で交通事故
を起こしたとして、同市議会の大石和久副議長(53)=4期、
公明党=を自動車運転過失傷害罪で鎌倉簡裁に
略式起訴した。簡裁は罰金40万円の略式命令を出し
た。命令は5日付。
起訴状などによると、大石副議長は、9月17日に鎌
倉市内で乗用車を運転中、赤信号に気づかずに交差点
に進入し、右側から来た市のごみ収集車と衝突。ごみ
収集車に乗っていた1人にねんざなどのけがを負わせ
たとされる。
この事故をめぐって大石副議長は、副議長の辞任を
含めて党県本部などと協議していたが、「職務を全う
したい」として続投の意向を示し、2日に開かれた
市議会代表者会議で伝えた。