鉄道関係では津波対策がどうなっているのか。
関係者の心配の声に押されて調べてみました。
今のところ、まとまった情報収集は出来ていませんが、
『自然と人間』1月号に『海沿いの鉄道「江ノ電」の津波対策』
という特集が3ページ出ていました。
次にご紹介します。
また、鎌倉市総合防災課職員の方にお話を聞かせていただきました。
鎌倉市には江ノ電もありますが、JRも走っています。
JRと市と合同で避難訓練を3月9日(土)10:00~12:00まで鎌倉駅を中心に
御成中学校までするという計画が持ち上がっています。

消防・警察等関係方面の方を含めて200人規模で行うといいます。
着々と訓練が進んでいますが、実際、訓練をすると新しい発見が
出てきます。津波と踏切対策という課題もあり、今後を注視して
行きたいと思っています。