08/01/29 (火)  15:12UP  曇    No.3154

 



農振地域に生ごみ処理施設建設を 自民党国会議員動く
 


 
関谷にある鎌倉で唯一のまとまった農業振興地域へ

生ごみ処理施設を建てたいと鎌倉市行政はいう。

地元農家は農振地域で死活問題なのでそれはやめてどこか

ほかの場所にして欲しいと二万人署名を目指して活動をしている。


 昨年、鎌倉市は12月に建設の補正予算を出す予定だった案件を

今月2月議会へ先延ばししていた。


 12月の観光厚生常任委員会では鎌倉同志会、公明党、ネットが

継続して話し合いをと主張し、民主、自民倶が結論を出すべきだと

関谷への生ごみ処理施設建設に対する態度表明をした。


 結論を出すべきと継続が可否同数なので共産党の吉岡委員長が

継続を決断。話し合いの継続が決まった。


 水面下で場所の代替案の情報を入れたりしていたのですが、

ここに来て農振地域の当初案で生ごみ処理施設建設をさせてとの

お願いが激しさを増しているという。

 自民党の衆議院議員も建てさせてとお願いに回っていると言うから驚きだ。

ところで金利負担が発生するから建てさせてとはどういう意味なの。

まだなにも決まってませんよ。 


 08/01/29 (火)  14:22UP  曇    No.3153

 



故意に書類隠して会計検査院の目をスルー¥鎌倉の保育料問題¥
 


 
今日の朝日新聞湘南版では、鎌倉の保育料過不足問題を

次のように取り上げていました。

  以下全文転載です。

朝日新聞湘南版2008年1月29日

鎌倉の保育料過不足問題
検査院、見抜けず
市職員 台帳に書類入れず

 鎌倉市保育課(当時)の男性職員(31)が03年~07年に保育料算定を怠る
などして31人分、約741万円の過不足が生じた問題で、昨年4月に会計
検査院が検査に入りながら見抜けていなかった。市が事前に検査通知を
受け、職員は調査対象の書類を台帳に入れていなかったという。
 市によると、検査院の職員が昨年4月12日、市役所を訪れて実地検査を
した。05年度私立保育園の一部区分の保育料対象者について、入所申し
込み、就労、納税関係の書類がとじられた台帳を検査した。
 市の調査に対し、問題の職員は以前から事務が滞ったため書類を課内の
キャビネットに保管せず自宅に持ち帰ったり、地下倉庫に隠したりして
いた。検査があることを知っても、発覚を恐れて05年度13人分の書類を
台帳に入れていなかった。
 検査院の職員も保育料を徴収すべきなのに0円の処理などしていること
に気づかなかった。
 検査院はこの検査で、9人について賦課間違いなどを指導し、約100万
円を国へ返還するように求めた。この職員の不適切な処理は、市が昨年
9月から保育料滞納者に納付を催促する際に発覚した。
 市は28日、市立、私立の16保育園内におわびの張り紙をするとともに、
対象保護者に文書を渡した。市が徴収漏れとして支払いを求める家庭の
負担額は約75万1千円~約2万9千円になるという。
 会計検査院は「会計検査院法により補助金交付団体等には事前に通知
することになっている。今回のことも踏まえて、検査をする」と
話した。(山元一郎)


 08/01/28 (月)  23:48UP  曇    No.3152

 



市民会議からの要望書
 


 市民会議から次のような要望書が送付されてきました。


 08/01/27 (日)  15:54UP  曇    No.3151

 



また不祥事 職員、故意に22人分の保育料を0査定。
 


 
これまでも、働いた事実がないのにアルバイト料を勝手に

渡して出勤簿を改ざんしたり、農地法違反が判明していた

にもかかわらず、自然災害で事実が発覚するまで

放置していたことや、世界遺産登録で地権者の承諾を得ず

勝手に公文書を作成、改ざんしていたなど職員の不祥事が

発生していました。


 1月26日の新聞報道では保育課にいた31歳職員が、業務多忙との

理由?で故意に22人分の保育料を0査定していたことが発覚しました。

独自の聞き込みでも同じ仕事をしているほかの職員はそのような

事実もなく誠実に働いているので多忙が理由にはならない

と思います。630万円の未請求額です。本人自腹負担もあると言うが
どうなっているのか。

 また、上司の管理監督の責任もあり、いつまでも「いいわいいわ」

で済ます行政体質に問題があると思います。



行政ファイル:鎌倉市で保育料の徴収ミス /神奈川
 毎日新聞 2008年1月26日



鎌倉市 保育料滞納は4300万円超
 タウンニュース 2007年9月7日号


朝日新聞、神奈川新聞 2008年1月26日(最近、管理職
にも鎌倉市関係記事を見せなくなったので

                              参考のため記事を転載しました)




 
もう事件の原因を単に職員のモラルに帰結させるのではなく、

組織として再発させないよう再発防止策をキチンとつくるべきと考えます。


 綱紀のゆるみの野放しは組織人として失格です。


 「あっ、そうだ。900万円盗難事件はどうなった?」


 08/01/25 (金)  00:43UP  曇    No.3150

 



深い深い悲しみの中で新たな出発を決意する。
 


 
昨日の都市計画審議会で高度地区、景観地区の15メートル規制が

条件付き要望はあったものの基本的に了承されたと聞きました。


建物高さ法規制案了承
 2008年1月25日  読売新聞

 
子どもたちの故郷の風景の喪失に深い慟哭の念を覚えました。

深い深い失望の果てに涙が枯れ新たな出発の決意をしました。


 08/01/24 (木)  11:27UP  曇    No.3149

 



北鎌倉 不ぞろいな街へ?
 


北鎌倉 不ぞろいな街へ?
 asahi.com My Town 神奈川 2008年1月24日


 
民意とかけ離れた計画の決定はいかがなものか。

行政が破滅行為を進んでやるのですからつける薬はない。


 08/01/23 (水)  01:15UP  曇    No.3148

 



20パーセントが80パーセントを食べ尽くす鎌倉の行政提案
 


 下の図は今月17日~22日までインターネットでアンケート

調査した結果(一次報告)です。(私が実験的に投票した15メートル

の1票は抜いて計算しています)総投票数は70票です。

 こんな結果でも高度地区・景観地区に15メートル一律規制を提案する

行政の感覚は異常ではありませんか。

私はもう少し手法を変えて多面的多層的高度規制を市民参画で考えるべき

だと考えます。市民のみなさんの理解と協力を得るにはそのくらいは当たり前

と考えます。行政提案の15メートル一律規制は市民の20%合意です。

 アンケートの数字で見ると10メートル規制が55%でトップです。

私は15メートルでしかも一律規制の今の行政提案に組みできません。

鎌倉仏教界の大御所も15メートルでは話にならないと聞き及んでいます。

 鎌倉市行政の市民感覚はむちゃくちゃ鈍っていると思います。

これって市民満足度から推しはかるとなんて言ったらよいのでしょうか。


 アンケートから透けて見えるのは一律15メートル提案ではなく、

多面的或いは多層的、換言すれば地域別に高さ規制すべきで、しかも多くの市民は

低層を望んでいることが分かります。20%の政策支持率で高さ規制案を強行する

にはずいぶんと無理があります。はて、そこまで強行しなければならない真意は

なんでしょうか。まちづくりに無理は危険です。

「保守したくば革新せよ」

▼小町踏切の所を15メートルで見ると