04/10/10(日)   
No.1903   晴




視察取りやめか?




 鎌倉での台風による影響が240件で、しかも死傷者がでている関係から明後日からの視察は取りやめになるかもしれません。

 今日の被害確認や市民の皆さんからの訴えなど、今後被害の規模が明らかになると考えます。
 市民、行政の今後の動きを見ながら慎重に検討する必要があるように思われます。




 04/10/10(日)   
No.1902  台風




台風22号の傷跡




陣屋坂T字路付近の光景





 04/10/10(日)   
No.1901  台風




台風22号の傷跡




 鎌倉市内各所で台風の被害が発生しています。玉縄地域にも甚大な被害が出ています。極楽寺の山手で私有地の山の上の
緑が崩れ、電線が切れ、土砂被害にあったと電話連絡がありました。

 写真を撮っておくようにお願いしました。


 北鎌倉学園グランド表側、山の手で土砂崩れによる死者が出ました。また、栄光学園前の坂で土砂崩れがあり、マイカーが埋まっています(
その後の調査でマイカー及び人がいるとの情報は否定されました)。復旧作業が
夜を徹して行われています。各小学校などへ自主的避難があり、玉縄小学校も活用されています。


 市内の被害は240件(
その後10日現在で被害など400件の通報・相談など)くらいで、その復旧が待たれています。


 10日、調査に出かけます。


 鎌倉市も対策本部を設け対応にかけずり回っています。




 04/10/9(土)   
No.1900  台風




自転車は息子が調査

<

div >


 放置自転車を数えに大船へ行こうとしましたが、午後5時前頃、風雨がひどく
道路が川のようになっていましたので進めません。


 土砂降りの中、カッパを着て自転車の数を息子が見てきました。あんな中でも東口の
放置自転車は221台。バイクは27台。全部で248台。これ、土曜日なのに全くの放置と見て間違いないと
思います。


 今日「岡田りぽーと」を見たが、ということで電話が市民の方からありました。話の内容は次のようでした。一つは駐輪場ができても
放置してあれば罰則規定を作ること。二つめは仲通りの道路について歩行者安全の観点から道路使用について
きちんとするようにと注文がありました。


 今後は、次のことを考えてしっかり注文をつけていきたいと考えます。できなければ条例で縛るということも考えなければならないとも
考えます。ポイ捨て条例に罰則規定がつくようですから、まちの景観の点から放置自転車対策についても今後の推移を見ながら考えていきたいと思います。