岡田りぽーと

鎌倉市議会議員 岡田かずのりの考えたこと

鎌倉市議会議員 岡田かずのりの議員報酬(年収)

鎌倉市議会議員「岡田かずのり」の平成26年分給与所得の源泉徴収票のすべて(平成12年~平成26年分)

その他、政務活動費が年額60万円支払われます。但し、それ以内の活用であれば、
差額は返還されます。
給与所得は昨年に較べると10万6984円の増額です。


鎌倉市議会議員「岡田かずのり」の平成24.平成25年分給与所得の源泉徴収票のすべて

その他、政務活動費が年額60万円支払われます。但し、それ以内の活用であれば、
差額は返還されます。


鎌倉市議会議員「岡田かずのり」の平成23年分給与所得の源泉徴収票のすべて

平成23年分の議員報酬は801万8460円でした。

また、総務常任委員長としての役職での鎌倉市都市交流推進委員会に
参加して、報酬として1万円いただきました。
しめて802万8460円いただきました。議員報酬は昨年と同様でした。
その他に政務調査費が年間60万円支払われます。


鎌倉市議会議員「岡田かずのり」の平成22年分給与所得の源泉徴収票のすべて

平成22年分の議員報酬は801万8460円でした。
また、総務常任委員長としての役職での鎌倉市都市交流推進委員会に
参加して、報酬として2万円いただきました。
しめて803万8420円いただきました。議員報酬は昨年より11万4960円の減額でした。


鎌倉市議会議員「岡田かずのり」の平成21年分給与所得の源泉徴収票のすべて

平成21年分の議員報酬は813万3420円でした。
また、総務常任委員長としての役職での名誉市民選考委員会がに一回
参加して、報酬として1万円いただきました。
しめて814万3420円いただきました。議員報酬は昨年より22万9920円の減額でした。


鎌倉市議会議員「岡田かずのり」の平成20年分給与所得の源泉徴収票のすべて

平成20年分の議員報酬は836万3340円でした。
また、農業委員は途中で会派が3対3に分裂し、上位3位までの多数会派にならず、
退会となりました。
昨年度は農業委員会委員の報酬として20万5千円をいただきました。
しめて856万8340円いただきました。


鎌倉市議会議員「岡田かずのり」の平成19年分給与所得の源泉徴収票のすべて

平成19年分における鎌倉市議会議員の報酬は820万5860円でした。
その他、農業委員会委員としての報酬及び生活環境審議会委員として
委員会一回分の報酬は、それぞれ37万2000円、1万円でした。
議員としての報酬は昨年比12万8740円の減額でした。
総合計金額は858万7860円でした。


鎌倉市議会議員「岡田かずのり」の平成18年分給与所得の源泉徴収票のすべて

鎌倉市議会議員の1年の報酬は833万4600円で約9万円ほどの減額です。
また、鎌倉市生活環境審議会へは観光厚生常任委員会副委員長としての
審議会出席の報酬で8万円、農業委員会は議会選出委員の1人として
37万2000円の支払いを受けました。

総額878万6600円で農業委員会、生還審の出席増により昨年度比32万2480円の
増額になっています。


鎌倉市議会議員「岡田かずのり」の平成17年分給与所得の源泉徴収票のすべて

一昨年分の1年の議員の本報酬842万820円が昨年は827万7120円で、マイナス
14万3700円でした。

昨年度、農業委員になった関係から16万7000円いただきました。
鎌倉 市議会議員は3名が農業委員です。

生活環境整備審議会への出席は観光厚生常任委員会副委員長としての立場
からのものです。

全合計金額は846万4120円です。昨年度と比較して1万9200円の増額で
主として農業委員になったから増額したものです。


鎌倉市議会議員「岡田かずのり」の平成16年分給与所得の源泉徴収票のすべて

上から三枚目の参議院選挙の開票立会人は民主党第四区総支部鎌倉市分の立会人として出席したもので
議員としての資格ではありません。
議員報酬は前年度比で28万7400円の減額です。二枚目の市営住宅選考委員会出席の
給料1万円は建設常任委員会副委員長としての立場から参加したものです。


鎌倉市議会議員「岡田かずのり」の平成15年分給与所得の源泉徴収票のすべて

平成15年は9月議会で鎌倉市議会の役員選考委員会が開かれ議長など三役が選ばれたほか、
四常任委員会の所属委員が選出されました。私は総務常任委員会に所属していましたが
建設常任委員会へ所属替えしました。

下の源泉徴収額が平成15年に支払われた税金の総額です。
市営住宅選考委員は建設常任委員会の副委員長としての立場から所属しているものです。
また、公開抽選会立会人も同じです。衆議院選の開票立会人は民主党小選挙区の立会人として
出席したもので議員としての役職ではありません。
また、政務調査費は年額60万円です。これについては4月はじめに報告します。
私に支払われる税金のすべては873万5720円と政務調査費の60万円です。
政務調査費は3月末の締めですので正確にはまだ分かりません。


鎌倉市議会議員「岡田かずのり」の平成14年分給与所得の源泉徴収票のすべて

平成14年度は「民政クラブ」という会派から脱会し無所属会派「民主党・鎌倉」を結成しました。
従来は観光厚生常任委員会にいましたが総務常任委員会へ新規加入しました。そのため一回だけ
鎌倉市国民保険運営協議会に参画した関係上、その所得明細を添付しています。
下の源泉徴収額が平成14年の私に支払われた額です。
但し政務調査費として年間60万円の調査費は計上されていません。これについては
領収書添付で鎌倉市議会事務局に届けていますが、今年度分については3月末に
届ける予定です。内容は視察費用や本代などです。
従って公金支払総額はこの費用プラス60万円という額と見てほぼ間違いありません。以上報告します。


鎌倉市議会議員「岡田かずのり」の平成13年分給与所得の源泉徴収票のすべて

昨年よりも支払金額、源泉徴収税額、手取額が減少しました。
第一の理由は支払金額のダウン、給与所得のカットを自分も含めた議会が行ったことです。
第二の理由は観光厚生常任委員会委員長として任期満了により一般委員になり
有償の各種協議会や審議会への出席の必要性がほとんどなくなったことです。
保健医療対策審議会及び勤労福祉会館運営審議会、勤労者福祉共済運営協議会の源泉徴収票は役員改選前のものです。
平成12年分の支払総額はコミコミで890万4020円で平成13年分の支払総額はコミコミで850万7820円でしたから39万6200円の減となっています。
有償の各種審議会などを抜いた市議会議員としての報酬も年額14万3700円の減となっていました。報告します。

鎌倉市議会議員「岡田かずのり」の平成12年分給与所得の源泉徴収票のすべて